Book Sox

現地校の新年度が始まり約一カ月になりました。

ジュニアハイに通うようになった長男は
新人扱いの2週間が終わり、教科と教科の間の
短い3分間の移動も遅刻しないようしっかりこなさなければ
成績評価の減点対象になってしまいます。
4週間に一度、成績表が出されるようなのですが
宿題忘れや持ち物忘れも減点の対象になるようで
テストの結果がよくてもこれで減点されると成績が下がってしまいます。
なんだか厳しいなぁと持ち物忘れで減点された
長男の成績表をみて思いました。


少し前の話になりますが新年度の始まりには
カリキュラムナイトというのがあります。
小学校のほうは各教室で担任から
教科課程の説明が行われ質疑応答もあります。
日本でいう学級懇談会みたいなものでしょうか。

中学校の方では生徒が自分の時間割に合わせて
教室を移動するので親も自分の子供の時間割に合わせ
各教室を回り先生のお話を聞きました。
1教科8分の説明、移動時間は2分。
息子達が普段やっているように教室を移動します。
方向音痴な母は地図を片手に学校内をグルグル。
階段を上ったり下りたりなかなか大変で
長男の苦労がよく解りました。042.gif

こういう学校行事はたいてい夜の7時ごろから始まります。
共働きで働いているお宅が多いせいでしょうか・・。
日本だと昼間が多いですよね?
この日は夜の9時ごろまで学校に居ました。


小学校とずいぶん様子が違うジュニアハイですが
年度の初めに準備する学用品リストの内容も変わってきます。
その中にはパソコンのUSBメモリーなんかもあります。
そして、小学校のリストになかったものの一つに
ブックカバーがあります。


学校で使うようなブックカバーと言われて
私の頭に浮かぶのはビニール製だったり
プラスチック製だったり透明なカバーが浮かんできます。
お店でそれをキョロキョロ探してみても見当たりません。

年度初めは日本と同じように進入学用品コーナーみたいな
学用品が固まったコーナーが設けられるので
そこら辺には必ずあるはずだともっとよく探してみました。


すると・・「BOOK」の文字が目に入りました。
近づいてみると商品の袋には「Book Sox」の文字。
ブックソックス?・・・靴下ってなんだぁ?


見た目も想像していたものと違っていましたが
大量に置いてあるところを見るとこれがブックカバーに違いありません。


現物はこちら


d0134785_23432431.jpg

ストレッチ素材の布でできています。
長男が購入したのは無地ですが派手な絵柄つきもあります。


ストレッチ素材なのでブックカバーと
本のサイズが多少違ってもピッタリフィットします。

d0134785_23512989.jpgd0134785_23514787.jpg
なるほどこれならソックスと言われても納得です。


でもね、何故小学校で必要なかったブックカバーが必要なのでしょう?
それにブックカバーってどの本にカバーをつけるんだろう?
疑問に思いながらも長男のジュニアハイ通いは始まりました。


学校が始まってみて解ったこと・・・。
ジュニアハイの教科書は日本みたいに
一人一人に配布されるのではなく使いまわし?なのです。
個人使用ではなくて学校からの借り物というわけですね。

そのため、教科書を破いたり汚したりしないように
カバーが必要になるみたいです。


こちらはジュニアハイの数学の教科書と日本の中学の教科書です。

d0134785_23575887.jpg

大きさ的にはあまり違いはありませんね~。
でも実は大きな違いがあります。


それはこの厚み!

d0134785_2359621.jpg
ドド~ンと厚くてとても重いのです(^_^;)
長男いわく英語は日本語に比べて字数が多く説明文が多いからこうなると言います。
数学の教科書は特に分厚いのですが他の教科もけっこう分厚いのです。
だけどストレッチ素材のブックカバーだと分厚くてもピッタリ本をカバーしてくれます。
なるほどなるほど・・・機能的だわ~と感心045.gif

使い捨て社会のアメリカなのに教科書を使いまわす?と
少し意外だったのですが、こんな分厚い教科書を
毎回毎回個々に配布というのは
確かにちょっと大変だと思うと納得できます。
教科書はかなり高価らしく破いたり汚したりしたら弁償になるそうです。



こ~んな重い荷物を持ち歩いて頑張っている長男。
長男は力持ちだけど細っこい次男が
ジュニアハイになったらどうなる?
なんて今から心配になったりしている母 (^_^;)


そうそう、長男同様に頑張っていたスイカ・・・。
やっぱり花は咲いても実は大きくなれないままに枯れていきます007.gif

でも、そんなスイカのそばに青ジソがひょっこり顔を出しました。

d0134785_010434.jpgこの青ジソも遅すぎる時期に
スイカと同じコンテナに適当に蒔いたもの。
一度コンテナが水浸しになり
スイカも危うかったことがあったので
シソはぜったい駄目だと思っていたのでビックリ!
植物の力は凄いです!

人間も雑草のごとく逞しいい心と体があれば
どんなことも乗り越えられるのでしょうね。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ←ブログランキングに参加しております。
お気に召しましたらクリック・・・ぷり~ず!
[PR]
トラックバックURL : http://amizuki.exblog.jp/tb/10263128
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by amiamiamika at 2009-09-25 22:55
こんばんは~^^
暖かいコメントありがとうございました~!
無事、退院してきましたよ^^
お家でマッタリPCに向う~至福の時です!

教科書、驚きの厚みですね~ビックリです。
教科書の使いまわし、エコでいいですね。
そうすれば、無駄な落書きもなくなるはず!!
それにしては、夜からの説明会。。。
9時までって!日本の中学校とは、だいぶ違いますね。
キビキビした雰囲気でアメリカの学校のイメージが変わりましたよ!
Commented by miichan-34 at 2009-09-25 23:22
ブックカバーでなくブックソックスという理由がわかりました。
なるほどね~。
優れものです。
日本も教科書をこうすればいいのにと思いました。
さすが、アメリカです~。
きっと今に日本にもブックソックスが入ってくるでしょうね^^

プランターの中で、ひょっこり顔を出しているシソがなんとも言えず
いいですね^^
生命力を感じます~
Commented by めいぷる at 2009-09-26 05:41 x
アメリカの教科書ってほんと分厚いですよね。
最近は日本の教科書が薄過ぎ?という気もしてきました。

こちらは小学校でもブックソックス必須でしたが、今度の学校ではスーパーの紙袋でブックカバーしてきて下さい、と言われました。う〜ん、これもエコですよね。
Commented by mikoy1 at 2009-09-26 06:17
☆amikaさん☆
もう退院できたんですね。おめでとうございます!

確かに教科書はその学年が終わってしまうと
読み返すことはめったにないですものね。
捨ててしまうことになるからもったいないですよね。
日本も使いまわしにするべき?
でも、日本の教科書の内容は昨今コロコロ変っちゃってるから
なんともいえないですね(^_^;)
Commented by mikoy1 at 2009-09-26 06:21
☆ミッコさん☆
今の子供たちはなんでも欲しいものは手に入るので
こういう風にみんなで大切に使うっていうのも
いい勉強になりますよね。
シソは今、小さな花を咲かせています(*^_^*)
Commented by mikoy1 at 2009-09-26 06:22
☆めいぷるさん☆
小学校の教科書も日本の物に比べるとだいぶ分厚いですけど
ジュニアハイの教科書には本当に驚きました。
めいぷるさんとこは小学校でも必須だったんですね。
スーパーの紙袋でブックカバーもなるほどエコですね。
Commented by tablemei2 at 2009-09-26 09:06
お兄ちゃん、この重いテキストを持って行かれるのでしょう?
体力付きますね^^頑張ってね〜!ブックソックス、これは賢いデザインですね〜ネイミングにもすごく納得しました^^
↓のキャスケットとバッグ、可愛いです〜*mikoさん似合いそう〜!
両方お洒落しておでかけしたら注目の的になると思うわ〜^^
バラも同じ糸でしてもシンプルで素敵なバッグになると思います*
Commented by mikoy1 at 2009-09-26 23:56
☆meiさん☆
長男はクロスカントリーもやっているし
体力がだいぶついたのではないかと思います。
冬になるとまた運動不足になっちゃいますけどね(^_^;)
ブックソックスみたいなストレッチ素材のカバーは
他にもいろいろあるみたいですよ。
ティッシュケースカバーとか・・。
汚れたら洗えるのもいいですよね♪
キャスケットとバッグ、寒くなったらお出かけにお供してもらいます(*^_^*)
Commented by momo1hana2 at 2009-09-27 15:02
アメリカの教科書の厚さには驚きますね。
こちらの大学生がみんなデイパックを背負っているのが理解できます。
日本のように「片手に抱えて」なんてできませんよね。
友達がメディカルのコースを取っていたとき、「私、お地蔵さんしょってっるのよ」って言ってました(笑)
それくらい重いんですよね。

ストレッチのブックカバー、目からウロコですが、なるほど良いアイデアですね。
Commented by mikoy1 at 2009-09-28 21:36
☆もも華さん☆
私も初めて見たときは教科書というか
百科事典かと思いました^m^
お友達がいうようにお地蔵さんを背負うのと
きっと大差ない重さでしょうね。
ストレッチのブックカバーは汚れたら
洗えるのもいいなぁなんて思いました。
ちょっとしたことだけどアイディアですよね。
Commented by suezo at 2009-11-04 22:42 x
初めまして、suezoと申します。

私は昨年の6月にNYに行った際、
コンビニでこのBook Soxを見つけ、
仲間のお土産と同時に自分にも1枚買って使ってみました。
B5くらいの大きさの本や、ファイルのカバーに
ちょうどいいので、日本でも買えないかな〜と探していますが、
未だ見つかっておりません。
(たま〜にヤフオクやアマゾンなどで見る程度です)
ついには自分で作ってしまいました。
でも日本で作るにはストレッチ素材の生地が若干高価なので、
アメリカのコンビニで3ドル前後で売られているのが
うらやましい限りです。
学生さんを対象にしているなら、
そのくらいが普通の値段なんですよね。
Commented by mikoy1 at 2009-11-05 03:59
☆suezoさん☆
はじめまして。
訪問ありがとうございます(*^_^*)
私もアメリカに来て初めてブックソックスの存在をしりましたけど
けっこう便利だと思います。
便利グッズ好きな日本にないのが不思議なくらいですよね。
ご自分で作られたんですね。
自分で作ると好みの柄にできるかもですが材料代が高価なのですね。
残念!
by mikoy1 | 2009-09-25 06:36 | アメリカンライフ | Trackback | Comments(12)