編み好き@amiami通信 amizuki.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

2004年のある日から不器用手芸嫌いが編み好きに転じました。かぎ針編みの作品とオリジナルレシピの紹介。夫の海外駐在で暮らした3カ国の思い出。ミックス犬アモの成長日記&日々日常を綴ってます♪


by miko
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

3.11がきっかけで体調を壊した話 その5


その4の続きです。
興味のない方はどうぞスル―して下さいね(*^_^*)

Moreからどうぞ~。







私は心療内科の通院を止め
歯科大付属の口腔外科を受診しました。

ネットで口の中の違和感のことを調べたので
たぶんこれだろうなぁということは分かっていたけど
やはり他の病気が隠れていると嫌なので
ちゃんと診てもらおうと思ったのです。
普通の口腔外科ではだめだろうなと思い
大学病院の口腔外科に行くことにしました。


診察時、私は口の中の違和感のことを
医師に一通り説明しました。
舌先や舌の周りがヒリヒリしたり苦みや痺れを感じる。
酷い時は喉の方まで変な感じがする。
午前中よりも午後の方が症状が酷くなり
特に寝る前が酷い感じがする・・・・。

舌を診察してもらった結果
唾液も正常に出ているようでドライマウスでもなく
見た感じも綺麗だけど念の為に
カビや菌がいないか検査しましょうと言われました。

後日、検査の結果を聞きに行くと
どこも異常なしという結果でした。

口腔外科の先生は病変がないのに違和感を感じるのは
やはり気のせいというか精神的な物だと思うので
必要なら病院内にある他の科を紹介しますと言われました。

やっぱりそうか~と思いました。
病名はこれですとおっしゃったわけではないけど
ネットで調べた「舌痛症」に間違いないと思いました。

舌痛症は以下のような症状で中年女性が多く発症するようです。

・舌の先や縁にヒリヒリした痛みや灼熱感、しびれるような感覚が長期間続く。
・舌の痛みやしびれの原因となるような腫れや炎症などは見つからない。
・神経の麻痺も認められない。
・血液検査でも特に異常値は認められない。
・食事中や何かに熱中している間は舌の痛みやしびれを感じないことが多い。
・日内変動があり、夕方から夜に悪化する。
・痛む部位が移動する。

ぜ~んぶ当てはまります(^_^;)

原因はよく解明されていないようですが
歯科治療後に起こることもあるようで
口腔心身症というやつみたいです。
やはりストレスや自律神経が関係している模様。

治療は薬物療法で
抗うつ剤で治ることが多いようです。
だけど私は抗うつ剤を飲んでいる最中に症状が出てきたのだから
また、抗うつ剤で治療をしようという気にはなりませんでした。

漢方薬で治療というのもあるようですが
とりあえず我慢できない症状ではないし
口の中がうっとおしいだけで
なにか物を食べる時は味覚も普通。
美味しく食べられるので特に治療もせずに2年が経ち
現在に至っています。


心療内科の薬を止めた後は
また薬を飲まなければならない状態になることもなく
薬を飲むことも病院を受診することもありませんでした。

歯医者にも行けるようになったし
電車やタクシーにも普通に乗れます。


パニック障害は治ったかなぁというか
パニック障害にならない対処法を
会得した感じですが舌痛症は継続中。

いつ治るか分からないけど
いつの間にか治っているかもしれないと今は思っています。



まとめに続く・・・・


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ←ブログランキングに参加しております。
お気に召しましたらクリック・・・ぷり~ず!

日々の出来事
[PR]
トラックバックURL : http://amizuki.exblog.jp/tb/21632533
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mikoy1 | 2015-03-16 08:54 | 3.11 がきっかけ 体調不良の話 | Trackback | Comments(0)