蜂に刺された実家の母のアンラッキーだけどラッキーだった話

お盆前の話ですが
実家の母が蜂に刺されました。
外仕事をしている時に
軍手の上から手の甲を刺されたそうです。

母はこれまで何度も蜂に刺されたことがあり
アレルギー症状も出やすくなっているようで
すぐに手がまるまると腫れてきた上に
リンパ腺が腫れ体に蕁麻疹が出始めたので
これはマズイと思ってすぐに
病院へ行くことにしたそうです。

いつも頼りにしているお隣さんがその日は運悪く留守。

母は自分でなんとか車を運転して
かかりつけの病院へ駆けつけました。

ですが、すでに診療時間が終わっていて
いくらチャイムを鳴らしても
病院に電話をしても応答がなく
困っていると1人のご婦人が
お寿司を持って病院へひょっこりやってきたそうです。
母がそのご婦人に事情を話すと
携帯電話で
直接、病院の先生と連絡を取ってくれたそうです。

先生は診療が終了した後に
ジョギングに出かけていたようで
事情を聞くとすぐに
全速力で走って戻ってきたそうです。

先生が来てくれたのは良かったのですが
全速力で走ったせいで
汗だくで体が震えていて
手の震えも止まらない先生。

これじゃあ治療の為の注射が打てない!と
困ってしまったそうです。

激しいアレルギー症状がでるといけないので
一刻を争う事態。どうする?
と、なった時に

これまた偶然、注射の上手な看護師さんが
ひょっこり現れたそうです。

看護師さんはスーパーに買い物に行った帰りで
診療後の時間なのに病院に灯りがついていて
見覚えのある母の車が駐車場に停まっていたので
なにかあったのでは?と思って覗いてくれたそうなのです。

看護師さんがすぐに注射を打ってくれて
事なきを得た母。
先生も看護師さんが来てくれて
本当によかったと胸をなでおろしていたそうです。

初めに先生に連絡をしてくれたのは
たぶん、先生の身内(お母様?)ではなかったのでは?と
後で母が言っていました。

蜂に刺されてアンラッキーだった母ですが
いくつもラッキーが重なって
大事に至らなくて本当に良かったと思います。

余談ですが
実家の母は腰からくる足先の痺れがいつもあり
足の置き場に困ることが多々あるようなのですが
蜂に刺された後はその痺れをすっかり忘れていたそうです。
これまた度々起こる朝型のこむら返りも起きないそうです。
蜂毒には神経毒も含まれているようなので
もしかしたらその毒で痺れなどの神経が
軽く麻痺しているのではないかしら?なんて思ってしまいました。


今回は手の甲を刺されたのに
二の腕まで腫れあがった母。
今後また蜂に刺されないよう
十分に気を付けて欲しいと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ←ブログランキングに参加しております。
お気に召しましたらクリック・・・ぷり~ず!

日々の出来事
[PR]
トラックバックURL : http://amizuki.exblog.jp/tb/21999938
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2015-08-23 11:19
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mikoy1 at 2015-08-23 14:08
☆鍵コメさま☆
ありがとうございます(*^_^*)
実家の母もたぶん、鍵コメさまと似たようなことが原因で
足の痺れがあるようです。
最近、かなり酷くなってきたようで
少し詳しく調べてもらうことにしたようです。
庭仕事は大変ですよね。
私も今朝、草取りを一時間半くらいしたのですが
それだけでクタクタです(^_^;)

涼しくなって時間が合いましたら
またお会いしたいですね(*^_^*)
by mikoy1 | 2015-08-23 09:22 | Trackback | Comments(2)