編み好き@amiami通信 amizuki.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

2004年のある日から不器用手芸嫌いが編み好きに転じました。かぎ針編みの作品とオリジナルレシピの紹介。夫の海外駐在で暮らした3カ国の思い出。ミックス犬アモの成長日記&日々日常を綴ってます♪


by miko
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2017年 08月 09日 ( 2 )



前記事に連動して
不安な気持ちを落ち着かせる対処法。

私に1番合ってるなぁと思うのは
アロマと呼吸法。

以前にもブログに
アップしたことがありますが
こちらが愛用品♪

d0134785_15002697.jpg


アロマはラベンダーと
オレンジのブレンドで
ぐっすり眠れる系の香り。
ラベンダーだけより
オレンジのような柑橘系の香りが
交ざっている方が好みです。

実家の母が父が他界した後に
凄く気持ちが落ち込んで
物忘れなど記憶力が
著しく低下した時期があり
認知症を気にし始めました。

テレビでアロマが効くという話を聞いて
アロマオイルが欲しいと言うので
探し当てたのがこのオイルです。

私も香りが気に入ったので
枕元に置いて寝付きが悪い時や
なんとなく気持ちが落ち着かない時に
愛用しています。

香りってダイレクトに脳に入ってくるのか
音楽とかより効き目がある気がします。
不眠になった時に聞いてみた
自律神経に優しい音楽があるのですが
当時、いくら聞いても眠れなかったので
その音楽を聴くと逆に
眠れない苦しみを思い出して駄目です(^^;)

画像のアトマイザーのような物は
モバイルアロマで
中にアロマオイルを
入れられるようになっていて
外出する時に持って歩けます。

これに加えて呼吸法。
口からゆっくり吐けるだけ息を吐いて
鼻からゆっくり吸い込むを繰り返します。
これでだいぶ落ち着いてくるので
息苦しくなりそうな時は
試すようにしています。

物理的には災害のニュースや
映像はダメだと思ったら
なるべく見ないこと。
香りと同じで視覚から入る
刺激は大きいからです。

モバイルアロマのような
ちょっとしたお守りを持つのは
良いのだけどお守りに頼りすぎると
ない時により不安になるから
難しいところですね(^^;)

あと、水筒も遠出する時は持ちます。
舌痛症で口の中がいつも変で
緊張したり不安なことがあると
症状が強く出て口の中や
喉がカラカラになったりするので
一口飲み物を口にすると
だいぶ違います。

舌痛症については興味があったら
ネットで検索してくださいね(笑)

もう4年以上症状は続いているけど
日常生活に支障があるほどではないので
特に治療などはしていません。
長く付き合っていく覚悟です。

あ!ちょっと余談?ですけど
対処法というか
車のナビに目的地到着までの
推定時間が表示されてると
少し安心します。

非常連絡ボタンを押しそうになった
MRIの時もあと半分とか
あと5分ですとか
技師の方がマイクで
教えてくれていたので
なんとか耐えられました。

先日受けたバリウムでの
胃がん検診の時には
順番を待っている私の様子が
不安そうに見えたのか
(実際不安でヤバイかも?と思ってました)
レントゲン技師の助手?の方が
突然、世間話で話しかけてきてくれて
リラックスさせてくれてるのかな?って
思いました。
その後、レントゲン台に横になり
グルグル回転したり逆さまになったり
いつ終わるの〜(T_T)って思ってる時に
やっぱりレントゲン技師さんが
半分終わりましたーとか
あと1枚撮りまーすとか
声をかけてくれるのが
とても有り難かったです。

そういうことを
心掛けてくれるということは
それだけ不安になる人が
多い検査でもあるんでしょうね。

嫌なことは終わりが見えることで
安心に繋がります(*^^*)

[PR]
by mikoy1 | 2017-08-09 14:21 | Trackback | Comments(4)

渋滞が怖い


夫が海外赴任している間
我が家には自家用車が
ありませんでした。

まあ、車がなくても
そんなに困らない環境に住んでいるので
さほど不便もなく過ごしてきました。

夫が海外赴任から本帰国し
我が家におよそ7年ぶりに
自家用車がやってきました。

週末、夫にドライブに
誘われることもあるのですが
あまり気乗りしない…。
車に乗るのが心地よくないのです。

私は東日本大震災の直後に
パニック障害になって
2年ほど通院をしました。

息苦しさや喉の閉塞感
不眠、動悸などの症状が出ていた時は
歯医者、美容院、電車、タクシーなど
自分で勝手に動けない状況が
駄目になりました。

2年の通院を経て
症状がおさまり駄目だったことが
大丈夫になって
通院、薬の服用をやめて
4年になりました。

その間、パニック障害を患う前と同じように
全てのことが大丈夫になったかというと
そうでもないことに気が付きました。

まずは映画館。
端っこの座席で
いつでも外に出れる場所でないと
不安なことが判明。
映画館の大音量も以前は平気だったのに
必要以上にドキドキするように
なっていました。

それからMRI。
腕の肘にヒビが入った時に
経験したのですが
もう少しで非常連絡ボタンを
押しそうになりました。

自由に動けない。大音量。狭い。
最悪の状況だと後で思いました(>_<)

飛行機…こちらは国内線には
問題なく乗れたのですが
国際線の長時間のフライトには自信がなく
夫が海外赴任中に何度も
遊びにおいでと誘ってくれたけど
出かけることはありませんでした。
国際線の長いフライトには
あまり良い思い出がないのも
一因かと思われます。

電車も普通に乗ってる分は
良いのですけど
何かのトラブルで駅の手前で電車が停車。
しばらく動かなかった時は
嫌なドキドキが始まって
焦ったことがあります。

また、帰省などで
電車を乗り継がないといけない時は
この電車を逃すと駄目なんていう
状況が苦痛です。

ギリギリの時間で
行動するのが恐怖というか
電車を降りたくなって
自分が降りちゃったら
その先の計画が台無しとか
(特に連休で満席で次がない場合など)
家族に迷惑がかかると思うと
自分だけ1、2本早めの電車に
乗って行こうかと思ったりします(^^;)
レンタカー使う時も
高速道路が渋滞しませんようにと
いつも心の中で祈っていました。

電車はトラブルでストップとかしなければ
最寄り駅で降りることもできるし
電車内を少しは移動できたりするので
まだ気が楽なのですが
自分で勝手に降りたりできない
車内もウロウロできない
高速バスやリムジンバスはもっと苦手。
観光バスもしかり。
特にトイレのない車両。
ドキドキな不安が高まると
胃腸の具合が
即座に悪くなってくるからです。

緊急地震速報のアラートが
鳴った後も同じ。

前置きが長くなりましたが
このような理由で
自家用車も、あてのないドライブ
(長時間行ったことのない所を彷徨う)や
渋滞で動けなくなるのが怖いのです。

長い時間の拘束。狭い空間。
トイレに行けない。
勝手に動けない状況が苦手で怖い。
全ての条件を満たす渋滞が最も嫌。

何年も車にあまり乗らない生活だったので
今は特になのかもしれません。
少しずつ乗る距離を延ばしていったら
大丈夫になっていく気はするものの
大型連休に人や車が多い所に
車で出かけるというのは憂鬱。

先日はショッピングモールからの帰り
駐車場内が渋滞してて
サッと外に出られない状況で
少しドキッとしたのですけど
まだ車内から出ようと思えば
出れる状況だったので
心の中で大丈夫
出ようと思えば出れると
言い聞かせて乗っていました(T_T)


夫は新車でアチコチ行きたいだろうなぁ。
遠出もしたいと思います。
同じ気持ちになれない心苦しい私…(T_T)

あーだこーだ言っても少しずつ
慣れていくしかないんでしょうね。

車の中で編み物できると良いんだけど
下向いて何かしてると
車酔いしちゃうんですよね(T_T)

心の中で思ってること。
なるべく出せる所では
出すようにしようと思って
ブログに書いちゃいました。

ごめんなさいですm(_ _)m


去年あたりから
お年頃のせいもあって
婦人科系が不調。
ホルモンバランスの乱れからか
自律神経も乱れがち。

婦人科の方は女性でないと
わからないと思いますが
なんだか周期とか状態とか
めちゃ不規則になってきていて
外出もままならない時もあったりするのに
予測がつかなくて困る〜。

これまで経験したことないことも
色々あって不安材料多いです(T_T)

先日アップの山にも誘われたけど無理。
っていうか普通でも剱岳登山は
私には無理です(^^;)

ここんとこまた婦人科の不調…。
鉄のサプリメント飲まなきゃ!

ても、私だけじゃないんですよね。
わかっています。
世の中同じような方は
沢山いらっしゃることでしょう。

それだけは
心に留めておくようにしています。

わかっていても愚痴というか
どこかで弱音吐いてみたくなるのが人間。
しょうがないよね(*^^*)

前はこんなんじゃなかったのにと
情けなくなることもあります。
理解や共感してもらうのは難しくても
誰かに黙って聞いてもらうだけでも
ちょっと心が軽くなることも…。

ブログは絶好のツールです♪
長文失礼いたしましたm(_ _)m



[PR]
by mikoy1 | 2017-08-09 09:23 | Trackback | Comments(2)